セミオーダー住宅のデメリット

注文住宅でも自由度は低め

ある程度規格が決まったものにこだわりを反映していくセミオーダー住宅は、フルオーダーと建売の中間くらいの自由度を持つのが魅力ですが、それは選択肢が限られてしまっているというデメリットでもあります。多くの場合、ベースとなるプランは豊富に用意されているのでそこから理想に近づけることができますが、設計や素材などに特殊な希望がある場合は業者によって対応できるかどうかが異なりますし、実現できたとしてもコストが高くなりがちです。こだわる部分はこだわってそうでない部分はコストを抑えるなどしてローコストな注文住宅を作ることも可能なものの、失敗すると欠陥住宅になることもあるというのは注意が必要です。

また、ある程度規格化されている都合上、外観や間取りは変えられても建物の構造部分や機能といった基本的な部分は変えられません。とはいえ、ハウスメーカーによって建てられる家の特徴が異なるため、自分がこだわりたい部分を得意としている会社に依頼すればより理想に近い家を建てることが可能です。口コミなどからハウスメーカーの評判を比較して、家を建ててもらう会社にもこだわることが、納得できるセミオーダー住宅にするために必要なことです。

よく考えて作らないと失敗してしまう

ベースのプランが決まっていることや建築の知識がそれほど無くてもいいセミオーダー住宅ですが、完成した家やよく似たタイプのモデルハウスが無いため、実際の建物を見て生活の様子を想像することができないというデメリットがあります。そのため、家が出来上がって住み始めたときに、イメージと違うため失敗したと感じる場合もあります。DIYや便利グッズで対応できるちょっとした失敗もありますが、中には対応が難しく大きな後悔につながる失敗も存在しています。そういった失敗を防ぐには、3Dのイメージを確認してよく考えたり、注文住宅の失敗談を知っておくことが大切です。

デザイン重視のおしゃれな家は憧れですが、暮らしやすいとは限らず、様々なデメリットが発生することがあります。自由な間取りにできるとは言え、きちんと生活動線が確保できていないとか、コンセントの配置が悪くて使い勝手が悪い、窓の配置が悪くて部屋が暗かったり窓が多すぎて夏が暑すぎるなど、問題のある状態だとストレスになります。図面では十分な広さがあると思っていたのに、以外と狭かったということもあります。生活音やキッチンで調理中に発生する音のことも、快適な暮らしのために想定することが必要です。

© Copyright Dream Of Building A Custom Home. All Rights Reserved.