フルオーダー住宅のデメリット

コストが高くなるフルオーダー

注文住宅で家を建てる場合には、フルオーダーとセミオーダーを選ぶことができます。フルオーダーの場合、どんな要望にも答えてもらうことができ、理想の家を建てることが可能です。しかし、理想を叶えられる分だけコストがかかってしまい、高くなりやすいという特徴があります。こだわる分だけ、建築資材の大量生産や作業の効率化が難しく、その分コストも高くなってしまいます。資材などにもお金がかかる上、最新の建築技術を使ってみたり、住宅設備のグレードアップなどを行ってしまうことも多く、予定よりも大幅にコストが高くなってしまうケースもよくあります。 住宅は一生住むものだからこだわって建てたいという人は多いです。そのためフルオーダー住宅であれば、こだわりの個性的な住宅を建てることも可能です。しかし、あまり個性にこだわってしまうと、将来的に住宅を売却する際には売りにくくなってしまうというという将来的な不安も出てくる可能性が十分に考えられます。フルオーダー住宅だからこそのメリットも多いですが、デメリットもたくさんあります。住宅を作る際には、デメリットも考慮して住宅を建てることによって予算的にも安心できる住宅を作ることができます。

引越しまでに時間がかかる

フルオーダー住宅のデメリットは、コストが高くなるだけではなく時間もかかるということも挙げられます。フルオーダー住宅の場合、住宅を一から作るため間取りや構造、製造、建材や住宅設備などを自分で決めていく必要があります。そのため、住宅を作る工務店やハウスメーカーなどと、しっかり話し合う必要が出てきます。住宅について一つ一つ決めていくため、セミオーダー住宅に比べて住宅を作り始めるのにも時間がかかります。 こだわりの住宅を作るため、住宅を作るのにも時間がかかります。工法などが決まっているセミオーダー住宅とは違って、効率よく工事が進められるとは限らないからです。建設中に打ち合わせを行ったり、部分的に変更をすることも珍しくないため、結果的に住宅が完成するまでの時間は長くなります。依頼をした会社によっては6ヶ月ほどかかることもあって、その期間は賃貸などに暮らす必要が出てくるというのもデメリットです。また、フルオーダー住宅では、完成後の住宅の想像がしにくいというのも問題となります。事前に参考になるモデルハウスなどはないため、実際完成した住宅に入ったら想像と違うこともよくあります。フルオーダー住宅は理想の家を作れますが、デメリットも考慮して選ぶことが大切です。

© Copyright Dream Of Building A Custom Home. All Rights Reserved.