セミオーダー住宅のメリット

規格住宅やフルオーダー住宅との違い

セミオーダー住宅とは、規格住宅やフルオーダー住宅に比べてどのようなメリットがあるのでしょう。規格住宅はハウスメーカーによってイメージが固定されていて、注文した時点で完成した状態がわかります。外観や内装まですべて決められているため、変更することができません。最初から規格化されていて価格がわかりやすく、予算がオーバーするのを防ぐことができます。しかし、セミオーダーは規格住宅のプランの中から好みの間取りを決めてから、部分的に自分の希望に合わせた間取りやデザインにできるため、予算が大幅にオーバーする心配がありません。セミオーダー住宅は、限られた予算の中から間取りを変えたい人に向いています。 フルオーダー住宅は自分のライフスタイルに合わせて家を建てることができます。家を設計する段階から施主とハウスメーカーが一緒になって家づくりに取り組みますが、その分、施主にかかる負担も大きくなります。セミオーダーなら、ある程度の希望する間取りやデザインなどを決めておけば、家を建てる工事が始まると打ち合わせもなく施主に負担がかかることもありません。キッチンやバスルームなどの整備品には特にこだわりがなく、すべて希望通りにする予定がない人には、セミオーダー住宅を選ぶことがおすすめです。

規格住宅とフルオーダー、両方の良さを兼ね備えられる

セミオーダー住宅は、規格住宅とフルオーダー住宅のそれぞれの良いところを取っています。ハウスメーカーの規定による仕様や整備品を利用することでコストを抑え、間取りやデザインなどは自由に決められます。すなわち、要望と予算のバランスが取りやすいことが、セミオーダー住宅のメリットです。構造がある程度決められている中から間取りやデザインのみ変更ができるため、リーズナブルな上に手間がかかりません。 壁や床材はハウスメーカーが用意した建材オプションの中から選ぶために選択肢は限られていますが、その分価格を抑えながら好みの素材を選ぶことができます。フルオーダー住宅に比べると理想の住まいを明確にイメージしておく必要はありませんが、家族の人数などによって間取りはどうするのか具体的な希望は決めておくことがおすすめです。セミオーダー住宅は大半が規格化されているため、信頼できるハウスメーカーを選びましょう。あらかじめ複数のハウスメーカーが建てた家の外観や構造を調べておき、その中から比較検討することも大切です。完成された家を見て決めるので住まい全体をイメージしやすく、その中から希望の間取りやデザインを考えられるのがセミオーダー住宅の特徴です。

© Copyright Dream Of Building A Custom Home. All Rights Reserved.